August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

〜IBCラジオ・FMラジオ 12月10日(木)放送分〜

〜IBCラジオ・FMラジオ 12月10日(木)放送分〜
         
 今回は「時計はなぜ右回りなのか」というお話です。時計の針が右回りなのは誰もが知っている常識ですが、
「なぜ右回りなのか」理由を答えられる人は少ないのではないでしょうか。

 
時計の歴史はとても古く、「紀元前3000年」とも言われていますが、最初に発明された時計は
「日時計」と呼ばれるものです。その仕組みは地面に立てた棒の「影の位置から現在の時間を計るもの」が始まりとされ、
これを利用していた文明が多く存在する「北半球」では、太陽は東から昇り南の空を通って西へ沈みます。
そのため、「日時計の影」は太陽の動きに従って左から右へ「右回り」に動きます。この影の動きから、
「時計の針は右回りと決まった」と言われています。

 
Q:「北半球」では「右回り」ということは「南半球」だと「左回り」になりませんか?
A:はい、そうなんです。「南半球」では太陽は「東から北の空を通って西へ沈む」ため、
「日時計の影」は「左回り」になります。そうなると「左回りの時計が無いのか」という疑問が湧いてきますが、結論を言うと、当時の「地球上の文明」がほとんど「北半球」に集中していたために左回りにはなりませんでした。簡単に言うと「日時計を発明した文明」が「北半球にあったから」ということです。もし「南半球」で日時計が発明されていたら、今見ている時計は
「左回り」に動いていたかもしれません。
 
Q:では、「左回りの時計」は無いということですか?
A:いいえ、実は身近なころにあります。しかもこの時計は「文字盤の文字」も逆の「鏡文字」になっているのですが、
何のために使われる時計なのかわかりますか?ヒントは「鏡」です。

 
答えは、「床屋さんや美容院」などで使われる時計です。髪を整えている間、目の前にある
大きな鏡に映った時計で何気なく時刻を見たことがあると思います。
これは「お客様に分かりやすいように」とサービスの一環として生まれた「アイデア時計」で、
全ての床屋さんにあるわけではないですが、「左回りの時計」として実在しています。
 
今回の話をまとめると、地球上にあったいろいろな文明の多くが「北半球」にあったため、
日時計の「影の動き」から右回り時計が「世界標準」になったという結論になりました。
 
【おすすめ商品】2点
本日12月10日は公務員のボーナス支給日ということですが、そのボーナスの使い道に関する
「世論調査」などでも「時計」は毎回ランキング上位に入っているようです。
今回は自分へのご褒美やクリスマスの贈り物としてもぜひ参考にして頂きたい
「当店のおすすめ」商品2
点を
ご紹介します。

1・BVLGARI/商品名「ブルガリブルガリ」
自動巻  レディース腕時計

【参考価格:1285,000円  販売価格:748,000円 SAランク商品】
 


こちらはイタリアを代表する高級ブランド、ブルガリの人気レディースモデル。
素材は18金ピンクゴールドとステンレスのコンビ仕様になっております。
文字盤はブラウンで光沢をもったラッカー仕上げとなっており、
インデックスに施された12
Pダイヤの輝きをさらに際立たせます。
状態はSAランクで使用感もほとんど無くとてもキレイな商品です。

 


2. ディオール オム/商品名シフル ルージュ 」
クロノグラフ 自動巻きメンズ腕時計
 

【参考価格:420,000円  販売価格:278,000円 SAランク商品】


素材はステンレスで文字盤カラーはシルバーです。
商品名の「シフル ルージュ」は、フランス語で「シフル(Chiffre)」が紋章、
「ルージュ(Rouge)
」が赤色を表しています。この「赤」は同ブランドの
「キーカラー」で、リューズや日付け表示部分に使用されていますが、
すっきりとした本体デザインに”映えるアクセント”になっていてコレクターの評価も高いモデルです。
「すっきりしたデザインが好みだけど回りとは違うものが欲しい」という方にはピッタリな時計です。
こちらも状態はSAランクでとてもキレイな商品です。

 
より詳しい状態や付属品などの情報はHPと店頭で是非チェックしてみてください。
 
 
 
pagetop