July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

IBC・FMラジオ 9月12日(火)放送分

IBCラジオ「エコノマートラジオブログ」&FMラジオ「うっちゃお「火(か)」っちゃおエコノマート」
2017年9月12日(火)放送分

 

こんにちは。今日は5月の誕生石のエメラルドの取り扱いの注意点と保管の仕方についてお話ししたいと思います。

皆さんはエメラルドを虫めがねなどで見た事はありますか?拡大するとよくわかるのですが、エメラルドは他の宝石に比べ、特に内包物や傷が多い宝石なんです。

そんなエメラルドのお手入れ・保管の時に気をつける事は以下の通りです。

まず、傷を目立たなくするために、ほとんどのエメラルドにオイルや樹脂を浸み込ませる処理がされているのですが、水で洗ってしまうと、中のオイルや樹脂が漏れ出して傷の目立つ白っぽいエメラルドになってしまいますので、汚れてきたら乾いた布で拭くくらいにしてください。

次に、衝撃を与えると傷が伸びたり、傷の部分から割れてしまったりする可能性もありますから、ぶつけたり落としたりしないようにして下さい。保管の際は、エメラルドより硬い宝石のダイヤ・サファイア・ルビーなどと擦れあうと表面に傷が付きますので触れ合わないよう気を付けて下さい。

 

エメラルドに限らず、多くの宝石は石の状態で査定額が変わります。

傷が多く研磨し直さなければいけないものは、その分査定額が低くなってしまいます。査定をしていると、宝石に傷やヒビが入っていたり、エッジが欠けていたりするものがあります。以前はほとんど値段が付かなかった色石に、最近は大きくて鮮やかな色合いのものには値段が付くようになってきているのですが、傷、欠け、ヒビがあると値段が下がってしまうのでもったいないですよね。

日本人はお手入れに無頓着な人が多く、石を研磨し直さないと使えないものが多いそうですが、それぞれの宝石に合ったお手入れをして美しいまま大事に使っていただき、いつの日か手放そうと思った時には高価買取となるよう取り扱いに気を付けていきましょう。
宝石はそれぞれ硬さが違い弱点も違うので、取扱いで気を付けることも宝石ごとに違います。宝石のお手入れについての冊子を店内に置いていますので、ご自由にお持ち下さい。

 

次に、おすすめ商品の紹介です。

 

エメラルドのジュエリーをご紹介します。

プラチナ900のエメラルドリング

四角いカットのエメラルド3.21ctの周りを1.45ctのテーパーダイヤモンドが取り巻いているデザインのリングです。
テーパーダイヤとは長方形にカットしてあるダイヤのことです。傷が少なく色が濃い目のエメラルドでしたので、おすすめです。サイズは13号です。
お手頃価格の商品もたくさんあります。リングは24,000円から、ネックレスは18,000円から販売しております。
店内にエメラルド商品約100点程あり、お目当ての商品が見つかると思います。

 

KARATI(カラッチ) コンクパールK18WGリング

参考価格:¥800,000 販売価格:¥148,000 80%以上お安くなっています。
コンクパール0.64ct ダイヤ0.28ct サイズは11号 鑑別書付きになります。
世界でもっとも稀少な真珠といわれる美しい天然真珠で、10,000貝に1個で、やっと出会えると言われるほどに稀少で、その中から宝飾品として使えるのは1/5程です。巻貝のため養殖ができないので全てが天然ものという点も魅力的です。
色は、ピンク、赤、オレンジ、黄色、白、紫に近いものなど様々でバリエーション豊かです。
真珠の表面に『火焔模様』(かえんもよう)と呼ばれる曲線模様が見えるのが上質なコンクパールの特徴です。

pagetop